葬儀を行う場合には宗教を調べる

お葬式を行う際には個人の宗教を把握しておきましょう。 - 民間霊園の定義と特徴

民間霊園の定義と特徴

霊園の中には「民間霊園」があります。
今回は【民間霊園の定義と特徴】について解説いたします。

民間霊園の定義

「民間霊園」は経営主体が財団法人などになります。
そして委託を受けた民間企業が霊園の運営・管理を行っている霊園のことを言います。
規模的には比較的大きい霊園が多いです。
空いている区画があれば随時募集をしているところが多いです。
民間霊園ならではの人気の理由として園内の景観や施設が綺麗に維持されていることがあります。

民間霊園の特徴

では、次に民間霊園の特徴について説明しましょう。

  1. 宗旨・宗派など宗教について一切不問であることです。
  2. 遺骨がない場合でも「生前墓」「寿陵」としてお墓を建立できます。
  3. バリアフリーの霊園が多く高齢化社会に対応しています。
  4. 交通の便が良いところが多いです。

霊園は郊外にあるケースが多いですが最寄り駅からの無料送迎などを充実しています。

民間企業が運営しているので至れりつくせり!

民間霊園は民間企業が営利目的で運営しています。
人気のある良い霊園を造成して、たくさん販売することを目的にしています。
だから、さまざまな施設を充実させて霊園利用者が使い勝手の良い風に考えています。
「霊園の管理事務所」「参拝者専用の駐車場」「清潔で綺麗なトイレ」は民間霊園では当然です。
お墓参りがしやすいように「お線香」「供花」も取り揃えてあります。
民間霊園でも大規模になると「会食場」や「法要施設」も設置されているところが増えています。
霊園の中で「法要」や「会食」まで済んでしまいますからとても便利です。

国籍や宗教も関係なし!

民間霊園はより多くの霊園利用者にご利用いただきたのです。
「公営霊園」や「寺院霊園」のように細かい規約がありません。
これが民間霊園の人気の理由でもあります。
どこに住んでいても民間霊園は購入できます。
生前墓も選べますのでこだわりのユーザーにも重宝されています。

関連する記事

アーカイブ