葬儀を行う場合には宗教を調べる

お葬式を行う際には個人の宗教を把握しておきましょう。 - 寺院霊園の定義・特徴・検討すべきポイント

寺院霊園の定義・特徴・検討すべきポイント

霊園不足の日本ですが、お墓の一つに「寺院霊園」があります。
今回は【寺院霊園の定義・特徴・検討すべきポイント】について学びましょう。

寺院霊園とは何?――寺院霊園の定義

お寺さんが運営している霊園・墓所を「寺院霊園」と呼びます。
お寺さんは、ほぼ仏教系寺院になります。
なぜならば神道の神社の場合は境内に霊園を持たないからです。
またキリスト教の専用霊園も日本にはほとんどありません。
厚生労働省の資料によりますと、日本全国には90,000箇所ぐらいの霊園・墓地があるとされています。
その中で今回ご説明している寺院霊園は58,000箇所程度ありシェアは約65%と半数以上です。
寺院霊園が多い理由は江戸期に施行されていた檀家制度・寺請制度の影響があります。
当時の行政の役割はお寺さんが担当していたのです。
現在でもお寺さんは日本国民の心の拠り所です。
地域住民にとっても寺院霊園は必要不可欠な場所でしょう。

寺院霊園の特徴

では、次にどういった特徴があるのかをみてみましょう。

  1. 地域に密着しており自宅からも徒歩圏内であることです。
  2. お寺さんが運営していることで民間のように倒産がないので未来永劫に渡って安心して供養できることです。
  3. 信仰している宗教ですから安心できると思います。

寺院霊園を選ぶ場合に検討すべきポイント

自宅の近くにある寺院霊園は利便性も良くお墓参りもしやすいので魅力的です。
ですが注意する点もあります。

  1. 檀家であることが条件であるケースが多いです。
  2. 自分が信仰している宗旨や宗派でない場合は宗旨替えをしなければなりません。
  3. 古い寺院霊園も多くバイアフリー化が進んでいないことです。
  4. お墓のデザインが和型墓石に限定されたりと制約があることもあります。

まとめ

寺院霊園にお墓を建てるのは、お墓の販売店と購入する顧客の関係ではありません。
仏教徒になってお寺の檀家としてきちんと役目を果たさなければならないのです。
檀家の役割を忘れてしまい「葬儀」「戒名」で揉める話しを聞きます。
未来永劫お寺を守っていて、ご先祖を供養し続けるにはお金も必要であることを理解しましょう。

関連する記事

アーカイブ