葬儀を行う場合には宗教を調べる

お葬式を行う際には個人の宗教を把握しておきましょう。 - 葬儀を行う場合には宗教を調べる

葬儀を行う場合には宗教を調べる

親しい人が亡くなった時にお葬式の準備をするかと思います。

故人が亡くなる前に宗教形式を確認しておきましょう。

キリスト教・神式・仏式などは葬儀の方法が異なります。死後すぐに葬儀の準備に入るので、時間があまりありません。
事前に聞いておくとのちのち準備が楽になります。

宗教が違うと戒名の形式も違ってきます。

お葬式は宗教者が行う宗教的儀礼です。もちろん宗教が違えばお葬式の手順も異なります。

日常生活を送る上で宗教に触れる機会はあまりありませんが、万が一の時の為に親や祖父の宗教を聞いておくのも大事です。

近年広まりつつある『家族葬』ついて

近年広まってきた『家族葬』
『家族葬』には決まった形式はありません。家族や親しい友人など小規模で行われることが多いです。一般的なお葬式に比べても料金が安く抑えられるというのもその特徴のひとつです。

決まった形式が無いので、ご家族で希望のお葬式を上げる事が出来ます。

家族葬の方法
◎家族葬の費用とプラン | 葬儀・家族葬・お葬式なら「花葬儀」
◎URL:http://www.hana-sougi.com/plan/kazokuso/

霊園は宗教に関係なく埋葬できます

皆さんがイメージするお墓は寺院墓地だと思います。幽霊や怪談話にでてくるようなお墓のイメージは寺院墓地の暗いイメージからきていると思います。そんな寺院墓地以外にも霊園で故人を埋葬するという動きがあります。寺院墓地にはない霊園のメリットとはなんでしょうか。

霊園のメリットは、宗教の縛りがないことです。寺院墓地は基本的に、その寺院の宗教・宗派しか埋葬することができません。

zwytdydt

宗教・宗派が違うと、埋葬することができないことが多いです。中には仏教徒なら大丈夫という寺院墓地もありますが、そこにはキリスト教や神教などは入り込めません。寺院墓地を利用するには、その寺院の宗教を家で受け入れるしかないのです。しかし、霊園は基本的にどんな宗教であっても受け入れ可能です。

日本に広く広まっている仏教はもちろんですが、キリスト教や神教なども埋葬することが可能です。宗教や宗派に関係なく、自由に埋葬してくれるのが霊園のいいところでしょう。その仕組みは、霊園は宗教法人が運営していないところにあります。霊園を運営しているのは、地方公共団体や民間企業です。

そういったところは、寺院墓地ほど宗教や宗派のこだわりがありません。ですから、宗教や宗派に関係なく、自分の家の宗教にあわせて埋葬することができるのです。霊園の中には宗教法人が運営しているものもあります。そういった霊園は宗教の縛りがあるので注意しましょう。

霊園選びでお困りの方いらっしゃいますか?こちらなら霊園選びをサポートしてくれるサイトです。基本的に霊園はどんな宗教でも大丈夫ですが、一部例外があるのは知っておきましょう。仏教徒の場合は霊園選びはさほど難しくはありません。ですがキリスト教徒になると選択肢の幅が極端に少なくなります。

ここでは【キリスト教徒の霊園選び】についてお話しましょう。

クリスチャンの霊園選びのポイント

キリスト教を信仰している人たちがお墓を建立する場合は、仏教の檀家を対象とした「寺院霊園」ではお墓を建てることは許されていません。ですから、宗教が自由であるという条件の「公営霊園」や「民間霊園」を選ぶという選択肢に限定されます。

注意したいのは「民間霊園」でも仏教寺院が運営主体になっている霊園もあることです。表向きは宗教自由となっていても、お墓を建立するご本人が良い気持ちではないこともあります。これは注意しておきたいポイントですし、墓石のデザインや形状にもルールがある場合もあるのです。

トラブルを回避するために事前にしっかりと確認しておきましょう。

政治家に多いクリスチャン

たとえば、第53代内閣総理大臣の鳩山一郎元首相や第92代内閣総理大臣の麻生太郎元首相はカトリック教徒です。自民党の石破茂衆議院議員はプロテスタントのキリスト教徒です。自民党衆議院議員の麻生太郎元首相の父親で、同じくクリスチャンの麻生太賀吉麻生セメント元会長のお墓は東京都立青山霊園にあります。

鳩山一郎元首相のお墓は東京都立谷中霊園にあります。いずれも公営霊園ですね。寺院霊園でなく公営霊園であるのは、信仰と霊園に関係があると言えるでしょう。

アーカイブ